京つう

  ビジネス/起業  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


2010年04月15日

誉めることの功罪②

(関連記事はこちら)

誉めることの功罪


以前から漠然と感じていたことが明確に本に書かれていました。

「その科学が成功を決める」





《実験》

3グループの子供たちに、テストの結果を伝える
(実際の点数は伏せ、全員80点という優秀な結果だったと伝達)


加えて、第1グループには、

「これは君が頭がいいからだ!」

と褒め称える。


第2グループには、何も言わない。


第3グループには、

「これは君が努力したからだ」

と伝える。



その後、さらに2つの実験を続ける。

①2つの課題(難しいもの/簡単なもの)を見せ、どちらに取り組むか選ばせる

(結果)
1グループ  多くが簡単な方を選んだ

2グループ  ほぼ半々

3グループ  多くが難しい方を選んだ


②最初のテストより簡単なテストを、全グループに受けさせる

(結果)
1グループ  点数が下がった

2グループ  変化なし(?)

3グループ  点数が上がった



この実験結果より、

「頭がいい」と誉められたグループのパフォーマンスが下がったのは、

・自分は頑張らなくてもできると思い、努力しなくなる

・成功しなかったら格好悪いと思い、失敗を恐れ挑戦を避けるようになる

・また、もしも実際に悪い成績を取ると、自分には能力が無いと思い無力感にさいなまれる



ということだ。



《結論》

誉めることは大事だが、その誉める対象が重要である。

「能力」に対する誉め言葉は、このように悪影響を与える。

対して、努力などの「行動プロセス」を誉めることで、またさらなる努力を引き出すことが出来る。


結果、その努力が実を結び、成功する確率も高くなる。



関連して思うのは、

「結果」についても誉めることにも、弊害があるのではないか?

結果が誉められることで、「また次も結果を出さなければ」という強迫観念が芽生えることは実際にある。


人材育成にあたる人にとって、

「行動プロセス」や「成果でなく内なる成長」

をしっかりと見てあげることが重要だと思う。




同じカテゴリー(人を育てる)の記事
 人を育てる③ ベテラン社員への対処 (2010-05-25 20:38)
 人を育てる② 他人から受けるマイナスの影響を防ぐ (2010-05-22 22:00)
 人を育てる① 経験マネジメント (2010-05-20 14:28)
 誉めることの功罪 (2006-11-13 22:42)
 正面の理 側面の情 背面の恐怖 (2006-10-13 00:33)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。