京つう

  ビジネス/起業  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


2010年09月21日

一人ロープレで、言葉のつなぎをチェックする

さて、それではスピーチの構成が完成したとして、それで万全に話せるかというと、
まだやるべきことは残っています。

それが、「1人ロープレ」です。

ロープレとは「ロールプレイング(役割演技)」の略語で、
よく研修などで「評価面談ロープレ」「商談ロープレ」と題し、
1対1の面談形式での場面設定をし、本番さながらの予行練習に臨むことがあります。

スピーチの場合、1人でその予行練習ができますので、「1人ロープレ」と勝手に呼ぶことにします。

ロープレでは、実際に話す(スピーチする)場面を想定し、
冒頭のテーマ発表「それでは本日は○○についてお話しします。・・・」
というところから、話し言葉を口にしていきます。

事前の構成を作るところでは、
伝えるべき話材・結論を書き並べるという作業にとどまっていますが、
実際に構成したものをスピーチとして口に出してみることで、
重要なチェックを行うことが出来ます。

それが、「言葉のつなぎ」です。

言葉のつなぎとしては、例えば

・順接 ~「だから、・・・」
・逆説 ~「しかし、・・・」「ところで、・・・」
・並列 ~「また、・・・」
・転換 ~「話は変わりますが、・・・」

などがありますが、
こういう言葉のつなぎを口に出して補ってみると、

「どうもつながりがおかしい」
「しっくりこない」
というところが結構出てきます。

それは、そもそもの構成において、
論理展開が不明瞭であったり、
話の一貫性にかけていたりする箇所なのです。

構成や話材を考えているときは、
自分の頭の中では流れができているつもりになっていても、
聞き手にとっては話の流れが充分にスムーズでないと、
案外理解してくれないものです。


このロープレにより、
つなぎの言葉まで迷い無く準備しておくことで、
聞きやすさ・わかりやすさは格段に向上します。



同じカテゴリー(スピーチの組み立て方)の記事
 3分で話をまとめる (2010-09-22 22:04)
 感じたこと・言いたいことを結論につなげる (2010-09-19 00:00)
 事例・エピソードは実体験を! (2010-09-18 08:49)
 話の構成の組み立て方 ~『起承転結のアレンジ』~ (2010-09-07 18:29)
 冒頭のテーマで惹き付ける (2010-09-02 22:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。