京つう

  ビジネス/起業  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年10月05日

スピーチへのコメントの仕方

職場で3分間スピーチを訓練として行う場合は、

スピーカーが話し終わった後に、

聞き手の中の誰かを指名し、スピーチに対するコメントをしてもらうようにします。

その場で当てられてコメントをするというのも、
これはこれで難しいもので、
よほど集中してスピーチを聞いていないと、
なかなかコメントできません。

もっと言えば、
コメントを当てられることを想定して、
その場合は何を話そうか?
と考えながら聞いているくらいでないと、
整理されたコメントはできないでしょう。


コメントをする際は、

概ね以下の3つの観点からコメントすれば良いでしょう。


1.自分が理解したスピーチ主旨の反芻

「●●ということをお伝えされたかったんだと思います(理解しています)」

「○○と××という点がポイントだったと思います」

というように、

「主張点・心情を聞き入れましたよ」というメッセージをスピーカーに対して伝えてあげることで安心を与えるのと、

一方で、そのコメントがスピーカーの意図するものとは違った場合は、

コメントの内容からどの部分でギャップが生じたのかが明らかになります。



2.スピーチ内容に関連した私見

そのテーマ・結論に関して、

賛成・反対も含めて自分がどう感じたか?普段からどう考えているのか?

自分の体験談からの関連事例 ・・・等々

を述べます。



3.スピーチの構成・話し方など、技術的な面へのコメント

・良かった点

はもちろんのこと、

・今後のスピーチに向け、改善を期待する点

を特にしっかりとフィードバックしてあげてください。

例えば、

「声が聞き取りにくい」「表情が硬い」など、話し方のクセ


「結論に割く時間が十分で無く、理解しにくかった」
「結論とそれまでの事例とのつながりが薄く感じられた」

というスピーチの構成についての感想などです。
といったことを、率直に伝えてあげてください。

それが、次回に向けてのよき指針になるでしょう。


以上のように、

3分間スピーチは、
スピーカーにとってだけでなく、
聞き手にとっても素晴らしい訓練の場なのです。


  


2010年04月26日

職場でできる3分間スピーチの進め方

会社で3分間スピーチを行う際の具体的な方法として、

私がいる会社で長年実施している方法をベースにしたものをご紹介します。


【場面設定】

機会は、朝礼・終礼など、全社(部門)のメンバーが定期的に集う場が望ましいですね。

「当番表」を事前に作成しておき、

輪番制で1日1人ずつスピーチをします。

頻度としては、1ヶ月に1回位のペースで周ってくるのが、

負担になりすぎず、適度な緊張感も持てて良いと思います。

人数が少ない部署なら、

スピーチの曜日を決めておくなどして、

適度な頻度を設定します。


対象者は、変に新人や重役を除外する必要はありません。

職場のメンバーが公平に、同じやり方で発表し、

それぞれの素直な思い・考えを共有するのが望ましいですね。



【テーマの設定】

どんなテーマ(お題)で話すのかは、各人の自由に任せても良いし、

例えば、会社の経営理念やクレドなど、

大切な価値観を共有する目的で、

それらの項目をお題とする方法もあります。


あまりやり方は固定せずに、

いろいろトライしてみると、飽きも来ずに良いと思います。



【スピーチ実施の手順①】

当番の人が前に立ち、

全員が周りを取り囲むか、あるいは各自の座席の前に立ちます。

とにかく、スピーチする人から全員の顔が見える状態にします。


聴衆のうち1人が「タイムキーパー役」となり、

3分を計ります。

家庭用のキッチンタイマーをセットして、

3分後にアラームが鳴るようにします。

アラームがなれば、そこで即時話を打ち切るわけではありませんが、

なるべく早めに切り上げるようにします。

時間を計らないと、なかなか3分間の感覚がつかめませんので、

決まった時間で話をまとめるトレーニングとして時間測定を行います。



【スピーチ実施の手順②】

一方的に話しただけで終わり、とすると、

スピーチする側は精神的につらいものがあります。。

できれば、スピーチ終了後には全員で拍手をします。


さらに、その後のお勧めが「ダブルコメント方式」です。

スピーチした側が、聴衆のうち1名を氏名して、

スピーチに対する感想を述べてもらいます。

さらに、コメントをした人は、別の聴衆を1人指名し、

指名された方がコメントします。(ここまでで2人コメント⇒ダブルコメント)


人数が多ければ更に1人、あるいは、その他感想がある人は挙手して

コメントを発表します。


このように、スピーチに対してコメントをつけることで、

スピーチのテーマをメンバーで共有し、

またスピーカーに対する承認、勇気付け、改善への前向きな指摘を行います。