京つう

  ビジネス/起業  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


2006年10月27日

ジョンソン&ジョンソンのクレド

今日は東京で、ジョンソン&ジョンソンのクレド責任者の方のセミナーを聞かせていただきました。

(クレドに特化した責任者をおいてるのがすごい!!)


ジョンソン&ジョンソンのクレド「我が信条」は歴史が古く、

1943年に作成され、

その後今日まで、随時修正・追加がなされているとのこと。




構成は、4つの対象からなり

1.顧客に対する責任

2.全社員に対する責任

3.地域社会に対する責任

4.株主に対する責任


で、合計21個のmust「せねばならない」の文言があります。


ジョンソン&ジョンソンは、約50カ国に現地法人がありますが、

その運営スタイルとして、

「分権型経営」

に特徴があります。

ほとんどの意思決定が、各法人の社長に任されているそうです。


さぞかし責任重大で大変かと思いきや、

日本法人の社長曰く、

「経営するのが楽」

それはつまり、

「クレドに書いてあるとおりに意思決定すればよいから」

とのこと。


逆に、

「クレド違反は重罪」

とみなされ、管理職など場合によってはクビもありうる。



これほどの大きな組織を束ねていこうとすると、

例えば年度年度の経営方針を設定したり、

本社の業務監査を徹底したりと、

どうしても「管理」「統制」に力をいれがちですが、

そうではなく、

わずか21項目のmust事項だけを定め、

それに沿って意思決定を現場にさせるというやり方に、

先見性を感じます。


だからこそ、クレドの内容にはとことん気を使い、

内容の修正も行うし、

新入社員にも研修で討論させる、

M&Aで吸収した会社の社員には、

「クレドに共感できなければ辞めたほうがいいですよ」

と言い切り、

管理職にはクレド実践のための行動指針を作り、それに沿って評価を行う


また、毎年1回、「クレドサーベイ」を行い、部門ごとにクレド実践度をデータ化し、

それをもとに改善策を作らせ、その進捗チェックも社内LAN上でオープンにして行う、


等々の施策を実施しています。



文章ではうまく表現できませんが、

単なる

「現場スタッフが意識すべきこと」

ではなくて、

「経営の意思決定全てにかかわるもの」

がジョンソン&ジョンソンのクレドなんだと実感しました。


今後のクレド浸透に、活かして行きたい考え方です。




同じカテゴリー(理念を浸透させる)の記事
 店舗交流会 (2007-01-18 01:55)
 ゆめみし飲み会 (2006-11-25 01:52)
 電通「鬼十則」 (2006-11-01 00:00)
 10-1=0 (2006-10-04 23:53)

この記事へのトラックバック
学生の皆さん、そして社会人1年生の諸君、こんにちは。皆さんのために労働基準法のことを書こうと思ったのにはきっかけがありました。それはとある会社でのこと。私はたまたま新入社...
会社をクビになるのはどんな時か?【社労士による学生と社会人1年生のための労働法講座】at 2007年07月24日 19:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。