京つう

  ビジネス/起業  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


2006年10月15日

安岡正篤 思考の3原則

安岡 正篤先生の説く、思考の3原則とは、


第一は、目先にとらわれないで、できるだけ長い目で見ること

第二は、物事の一面に捉われないで、できるだけ多面的に、できうれば全面的に見ること

第三は、何事によらず枝葉末節に捉われず、根本的に見る


ということです。


それらは、誰もが反論のしようのない正論かと思いますが、

これを実行することがいかに難しいことか!


まず、そういう観点で思考する時間的・精神的余裕が必要になりますが、

そんな余裕があるビジネスマンって、そんなにいないんじゃないでしょうか。


特に経営者とかコンサルタントとかは、少なからずこれらの視点を持たなければなりませんが、

最近、自分なりに思考の3原則を単純化して心がけているのは、

「人よりも上からの視点でものごとを見ること」です。


その「上から」というのは、

「人が来月来年のことを考えているのであれば、数年先までのスパンで考えてみる」

「人が、サラリーマン的な発想で考えているのであれば、経営者的視点で考えてみる」

といったことです。


経営についてなら、その会社のことを深く知り、深く考えて(常時知悉)はじめてこんな見方が出来るわけですので、まずはその前提が必要になります。

とりあえず、自分の所属している会社については、さすがに長くいますので、そんな見方が最近やっとできてきたかな、という感じです。

これを、クライアント、その他一般の事柄に応用するには、まだまだすべきことが山積です・・・。


上から見ることができれば、次にそれを周囲に伝える。

その時に、「上からものを言ってしまう」と、周囲の反発を受けますし、

気持ちが入らずに口だけになると、単なる評論になってしまう。


そこには、強い信念と具体論を組み合わせ、

近い将来にそれに沿った実践を見せること

が必要になります。



まだまだ道のりは遠いですが、

常時知悉

高い視点からの思考

信念を持った説得

実行



というサイクルが回せる人間になりたいと思います。

タグ :安岡正篤

同じカテゴリー(ビジネスセンスを磨く)の記事
 思考の切り口 (2008-05-30 00:25)
 本当の「企画力」って・・・? (2008-05-25 00:00)
 レバレッジ時間術 (2008-05-03 07:02)
 落としの秘訣 (2008-04-20 00:00)
 営業力 (2008-04-17 23:22)
 数字が曖昧な人は行動も曖昧 (2006-12-26 23:20)

この記事へのトラックバック
◎昨年の12月3日付のブログ記事でもご紹介している、        『安岡正篤一日一言(心を養い、生を養う)』[安岡正篤(著),安岡正泰(監修),致知出版社]ですが、出版元の...
安岡正篤一日一言☆メルマガ!【占いブログ ★占い師・幡真門の占い閑話!★・・・あなたの幸福...】at 2007年02月17日 15:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。