京つう

  ビジネス/起業  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


2008年05月03日

レバレッジ時間術

本田直之著「レバレッジ時間術」
より。




大事なのは、

・投資時間

・時間割


投資時間とは、単なる時間を消費する「作業」ではなく、
「人と会う」「学習」「構想を練る」
等の、将来の成果につながる時間のすごし方。
特に、朝の集中できる時間の使い方がポイント。

時間割というのも、
考えてみれば、学生の頃はこれが決められていたわけで、
社会人になると、時間割が個人にゆだねられ、
大抵はあいまいなままですごされているのが実態でしょう。

例えば、
「アポ取り」などは、
時間帯を決めてしまわないと、
1回でつかまらないからといってその日に何度も追いかけてたら、
他の作業にいつまでも集中できない。

あと、メールフォルダを空けたままにしない、
というのも、細かいながら重要でしょう。
空けていると、メールが着信するたびにそちらに気をとられて、
集中力が途切れることになります。
「メール処理」についても、朝一、昼一、夕方 位に限定しておくのが良いかもしれません。




同じカテゴリー(ビジネスセンスを磨く)の記事
 思考の切り口 (2008-05-30 00:25)
 本当の「企画力」って・・・? (2008-05-25 00:00)
 落としの秘訣 (2008-04-20 00:00)
 営業力 (2008-04-17 23:22)
 数字が曖昧な人は行動も曖昧 (2006-12-26 23:20)
 人への遠慮が自己保身につながる (2006-10-21 01:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。