京つう

  ビジネス/起業  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


2006年08月03日

スポーツの品位を貶めるマスコミ

ここ数年、スポーツにまとわりついて、結局足を引っ張るだけのマスコミ(特にテレビ局)が目に付いて仕方がない。
今年だけで、トリノ五輪、W杯、そして昨日の亀田興毅のボクシング。
選手とジャニーズのどちらが主役か分からないバレーボールの中継は、見なくなって何年もたつ。

視聴率を稼ぐには何でも利用する、という思想が垣間見えるのもむなしいが、
それ以上に、マスコミによってスポーツの品位が貶められていることが怖い。
昨日の試合も、判定の裏にはマスコミだけでない利害関係者の意図があるのだろうが、
結果がどうであっても、ボクシングが「格闘技ショー」としか扱われていない印象が残っただろう。
(格闘技ファンの人は誤解なきよう。両者は別の種類のものと捉えてますので)
そして、品位ある世界チャンピオンというものを、これまでになく軽いものとしか見えなくしてしまったマスコミの罪は大きいと思う。

選手の歩んだ長い苦闘の歴史を、わずか数時間のショーの彩りにしか使わない姿勢をみて、猛省を促したいと思う。



同じカテゴリー(社会からの気づき)の記事
 はやぶさの帰還に思うこと (2010-06-17 22:49)
 大卒内定企業を見て思うこと (2007-10-25 09:13)
 原爆の慰霊碑 (2006-08-06 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。